音楽好きの今の話と昔の話

普段目についた音楽について何となく語ります。

古墳シスターズ 青春とは音楽とは

四国はロックバンド不毛の地と長らく言われ続けていたが、ジャパハリネットチャットモンチーLONGMANや四星球らの出現により少しずつではあるが音楽シーンに四国出身のバンドが飛び込んできた。そんな中で根強く活動している面白いバンドがいる。少し前から気になっていたが、やはり今ここで話したい。初期衝動とはこういうことだと言わんばかりの香川県発のパンクロックバンド「古墳シスターズ」だ。早速だが彼らの代表曲のひとつ「ベイビーベイビーベイビー」をお聞きいただこう。

いかがだろう?この荒削り感、煩雑な感じ、勢いで押し通す、そして何かとすぐ脱ぐ。ゴイステやガガガの印象に近いものがある。そんな彼らも結成は2013年ともう10年になるちょっとしたベテランバンドだ。

2020年に四星球の主催するレーベルから全国流通のアルバムをリリースした。全国流通第一弾アルバムということでクオリティが一気に上がっている。先程の「ベイビーベイビーベイビー」と比べると違いがはっきりわかるくらいだが、いわゆる青春パンク感は決して失っていない。ではカッコいいその中の楽曲「スチューデント」をお聞きいただこう。

記念すべきこのアルバムを提げてツアー予定であったが、コロナの影響で残念ながら中止が相次いだ。もしこれがなければこのバンドはもっと知名度が高くなっていたかもしれない。それくらい彼らの熱い音楽は可能性を感じる。

続いては「ハブ・ア・グッドナイト」。この曲は青春パンクというよりは少し落ち着いた楽曲だ。ではご覧いただきたい。

 

少しずつ彼らの魅力が伝わってきただろうか?やはり彼らの魅力は初期衝動、青春パンクだろう。そのスタイルを詰め込んだ熱い楽曲をもう一つお届けしたい。「メロディー」は何も考えずただ彼らの熱いメロディーを受け取ってもあらいたい。

最後はこのバンドの楽曲の中でも私のお気に入りソングを。ややおっさん、もといお兄さんと呼べる年齢になった彼らからのアドバイスソング「古墳シスターズの夏休み2」。冒頭であげたように四国には有名なロックバンドがまだまだ少ない。彼らのお膝元の香川にはモンバスことモンスターバッシュがある。折角なので、そんな一大野外イベントの看板が張れるバンドになってもらいたいと願う。ではご一聴を。

 

 

 

Yaejiがようやくデビューアルバム出すみたいだ

かなり衝撃的だった。Yaejiなるアーティストのことを知った。イェジと発音するのか、全然知らなかったが調べてみたら数年前から次世代を担うポップアイコンと称されているようだ。今回デビューアルバム「With a Hammer」が2023年4月にリリースされるのをきっかけにこの音楽と出会えた。早速お聞きいただきたい。

アルバムに収録されている「For Granted」の先行MVである。めちゃくちゃカッコいい音である。コリアンニューヨーカーと呼ぶべきなのか?ソウルとニューヨークを拠点に活動しているのだが、このクールなMVの監督・主演をするマルチなアーティストだ。少し彼女のことを過去作品から紐解いてみたい。

2017年にリリースされた「EP2」という作品に収録されている「Raingurl」と「Drink I'm Sippin On」を続けてご覧頂こう。

この2曲が話題になりそのシーンで注目の的になる。エレクトリックミュージックをベースに様々な要素を詰め込んだ音楽性は興味深い。「Raingurl」なんかはハウスビートながらもどこか個性が光る不思議な音を紡いでいる。

その後リリースされた「One More」でも注目を浴びる。ハングルと英語とミックスしたサウンドは癖になる。

やはり最新作となる「For Granted」は私にとってかなりインパクトが強かった。あくまで彼女のサウンドを理解するうえで過去作品を紐解いてみたが、やはり私は4月の作品が気になる。さて最後は「29」という曲を。韓国のバンドマンであるOHHYUKとの作品だが、やはり彼女の癖になるサウンドが流れてくる。今回リリースされるアルバムでもハンマー・リーなる架空キャラがハンマーを振りかざしている。そして、それを演じるYaejiの鉄槌が様々な音楽シーンに振りおろされている。ビルボードチャートなんかにインパクトを与えることを期待しながらご一聴を。

 

 

 

深夜なのに短編 にじいろ

多分はじめて深夜に投稿するブログである。何となく眠たいながら気になって記事にする。ファーストテイクで絢香の「にじいろ」を白石麻衣と歌っている。アサヒスーパードライの企画のふたり。思わず眠気が吹き飛んだ。素晴らしい仕上がり。でも、この記事を書くころには睡魔がすごい。ではおやすみでご一聴。

 

にじいろ

にじいろ

  • アーティスト:絢香
  • A Station
Amazon

 

 

金曜夜の短編その5 どちら「まき」

節分ということもあり、恵方巻きを食べる今日この頃。恵方巻きを作りすぎるのはいかがなものかと思いながら食べている。なんで各方面こんなにも作るんだろうと思う。先日記事にしたばかりのAimer。

鬼退治という事で、鬼滅の刃エンディング「朝が来る」も忘れてはならない。同じ「まき」でも「豆まき」が「恵方まき」に取って代わられているんじゃないかと感じながらご一聴を。

 

 

 

触れるべきか 宇多田ヒカル

結局この人の話に触れてしまった。宇多田ヒカルと言う金字塔的アーティスト。宇多田ヒカルの音楽を時系列的にすすめていきたい。まず最初に知ったのはこの曲だった。

無冠で史上最高の1stシングルとも言われた「Automatic」。CDセールスに関して、当時8㎝と12㎝は別々にオリコンでは集計されていた。後にまとめての集計で行われるようになったが、このときはそれぞれのセールスでカウントされていた。オリコンでは週間1位を取っていないシングルで最も売れたシングルとなっている。そんな変わったエピソードがあるが、個人的にはともに収録されていた「time will tell」の方がラジオでよく聞いた印象が強い。とにかくデビュー曲としての世間へのインパクトは絶大であった。

続いてリリースされた「Movin' on without you」は純粋にカッコよかった。当時としてもスタイリッシュなサウンドで、わずか15、16歳が書いた曲とは思えないような内容だ。個人的にも宇多田サウンドの中でもお気に入りのひとつであるこの楽曲をどうぞ。

そして、この楽曲と同じ1999年にリリースされたのが、皆さんご存知の一枚だ。日本のポップミュージックにおいて金字塔的アルバム「First Love」である。750万枚以上、日本国内のCDアルバムで最も売り上げた奇跡のCDアルバム。前年の1998年がCD総売上のピークと言われており、1999年から右肩下がりが続いている。奇しくもその滑り台に滑り出しに燦然と輝く歴史的名盤となった。全世界では1000万枚近く売り上げている。集計が難しいため正確とは言えないが、ダウンロードという括りでもこの数字は叩き出せていない。ちなみにGReeeeN「キセキ」の400万とも言われている。あささんのブログを参考にさせていただきました。ありがとうございます。

話をアルバムに戻すが、とにかく私もよく聞いた。全12曲収録のこの名盤のタイトル曲「First Love」をお聞きいただきたい。じわじわと人気が出ていた曲だが、YouTubeでも宇多田ヒカルの中で最も再生回数が多い。ではどうぞ。

楽曲の内容に触れる必要がないため、今回はそれらにまつわる話がメインになっている。そしてデビューシングルからこのアルバムリリースまでわずか3ヶ月の話だ。その短いスパンでリリースしたものが最終的には1000万枚以上を売ってしまう恐ろしいアーティストだ。ここまでである程度長くなってしまったため続きはまた今度にしたいと思う。最後は「Movin' on without you」のライブバージョンをご一聴。

 

 



 

 

Aimerはどうなんだろう

以前から少し思っていたのだが、私はAimerが好きなんじゃないかな。ところどころで記事に出したりしてたが、本格的には書いていない。なのでブログに書いて考えてみる。やはりAimerと言えばこの曲だろうか。

名曲「蝶々結び」である。蝶々結びと言えば、バスケをしていた若い頃毎日のように靴紐にこだわっていた。動作にすればほんの僅かの時間だったが、自分なりにこだわりを持って結んでいた。このMVは一見その気持ちを汲み取ったかのような蝶々結びの解説動画だが、野田洋次郎の手にかかれば壮大な人間関係の曲になる。彼の才能もしっかり変態的だが、やはりAimerの声がこの楽曲の最大のポイントとなる。サビの部分は聞くたびに心が震える。では、次の曲に行こう。

この「カタオモイ」もAimerの代表曲のひとつだろう。やはりこの人の声は素晴らしい程切ない。これはユニークなハスキーがもたらしいてるだけではなく、歌詞やメロディに対してうまく波長を合わせることに長けているのかなと思ってしまう。

「残響散歌」。やはり最大のヒットも忘れてはならない。こちらは完全に音楽シーンの表彰台に飛び乗ったものだが、一過性のアーティストでは終わって欲しくない。

そう思っていた矢先、先日気になった曲のひとつがMAISONdesに入居した作品「いつのまに feat. Aimer, 和ぬか」である。韻をふむ「よっ」って言うのが癖になる。他のアーティストと絡み合うことにより、Aimerの声の特別感が浮き彫りになる。この声の質感は出そうと思って出せるものではないことがコラボ作品で顕著になると感じるのは私だけだろうか。ではどうぞ。

コラボ作品と言えばこちらも忘れてはいけない。milet×Aimer×幾田りらのコラボレーション曲「おもかげ」。 Vaundyによるプロデュースで、紅白でも話題になった。この個性的な集まりの中でもやはりAimerは異彩を放っている、と勝手に思ってしまう。ではファーストテイクで今一度ご覧いただこう。

そろそろ最後にしたい。こうやっていくつかの楽曲を聞いてみでの感想。私はAimerのファンだ。声が好きだと気付いた。これからもこのユニークなハスキーを聞いていきたい。チェンソーマンのエンディング「Deep down」を最後にご一聴を。

 

 

 

 

水曜朝だけど短編その4 なきごと

今日は全国的に最高気温がかなり高めになるとのこと。雪崩に要注意だそうで、やはり急激な変化は何かが起こる。日常生活でも十分注意していかなけれはならない、とつくづく日々思わされることが多くなっている。

さて、今回は短編ながら2人組ロックバンド「なきごと」の楽曲の話を。「私は私なりの言葉でしか愛してると伝えることができない」。なかなか長いタイトルだがインパクトの強いラブソングだ。バンドテイストたっぷりの伴奏、淡々としたメロディライン、切なくも強い意志を感じる。一度聞いたら耳から離れない。なきごとに関しては改めてしっかり記事に出来ればと思っている。ではご一聴を。