音楽好きの今の話と昔の話

普段目についた音楽について何となく語ります。

深夜高速 生きていてよかった

昨晩はサッカー日本代表勝利素晴らしかった。しかも相手はドイツ代表に逆転勝ちとは日本サッカー史に残る出来事だ。私もざわついてしまった。

まさにこの時代に生きていてよかった。

さて、生きていてよかったと言えばあの金融系のCMを思い出す。

岡崎体育さんが熱い演技を披露した。

「深夜高速」はご存知の方も多いだろうが、フラワーカンパニーズの2004年リリースされた曲だ。もともと曲自体は昔から存在しており、ライブ限定で販売したりとファンの間では知られていたようだ。

リリース当時、私はレコ屋へ勤めていたのでフラカンの曲でいい曲だな、という記憶がある。特にファンというわけではなかったが、この曲はなんだか覚えている。

そしてこの曲の持つ熱量はすごい。なんせこの1曲だけのトリビュートアルバムも存在するのだ。

参加アーティストを列挙するが、斉藤和義金子マリ怒髪天、ミドリ、中孝介、泉谷しげる湯川潮音、おとぎ話、キャプテンストライダムかりゆし58藤田大吾GO!GO!7188YO-KINGと個性的な面子である。興味ある方は是非Amazonで。つまりはこの曲のインパクト強さの証明である。

まずは本家ファーストテイクバージョンをどうぞ。

リリースしてから20年近く経った今でも数多くの人たちにカバーされている。少し紹介しよう。

最初はせっかくなので岡崎体育バージョンを。CMでもやっているし、グッドメロディメーカーの彼にもビビっとくるメロディなのだろう。

次は進撃の巨人の「悪魔の子」でバズったヒグチアイのバージョン。独特な世界観で歌い上げる様はまた違った角度からの「生きていてよかった」に聞こえてくる。

YouTubeを見ていると非常に多くの人たちが歌っている。そんな中で目についたのが「ハマノユリナ」と言う方のバージョン。正直存じ上げなかったが今回を機にチェックしてみたいと思った。アコースティックスタイル。

YouTubeファーストテイクのオーディション「THE FIRST TAKE STAGE」で第一回グランプリを取った「麗奈」バージョン。ライブでやっているが歌唱力に驚く。まさにファーストテイクで名を挙げただけはある。

多くの歌い手がリスペクトするこの名曲。これから先も幾人かのアーティストにカバーされることだろう。歌詞の内容とニュアンスが異なるが、いい音楽に出会うたびに生きていてよかったと思える。これからも歌い継がれるであろう神曲をご一聴を。

 

深夜高速

深夜高速

Amazon