音楽好きの今の話と昔の話

普段目についた音楽について何となく語ります。

稀代のメロディメーカー

今回は完全に独断と偏見ですが、日本のインディロック・パンク界隈の「稀代のメロディメーカー」をピックアップしたいと思います。たくさんいますが個人的に好みの5バンド、つまり5人程度のお話が出来ればと思います。

単純にメロディセンス抜群の私好みの5選どうぞ。

打首獄門同好会/大澤敦史

以前も記事にしました。

ハードな楽曲のなかに垣間見えるキュートでスイートメロディは作詞作曲の大澤氏の才能が溢れています。そろそろこんな季節が近づいていますね。

「布団の中から出たくない」

B-DASH /GON GON

出ましたB-DASHです。これぞメロコアといったギターリフとメロディライン。そして意味不明な歌詞。また詳しくお話したいです。

「RACE PROBLEM」

マキシマム ザ ホルモン/マキシマムザ亮君

このバンドは以前記事にしました。

なんとなくB-DASH系ですか。しかしながらマキシマムザ亮君のメロディセンスは抜群です。ハードでキレッキレっなのに甘いんです。耳にこびりつくポップなグッドメロディ。

「拝啓VAP様」

④ヤバいTシャツ屋さん/こやまたくや

ヤバTです。学生サークル感がたまらなく好きです。ツインボーカル感満載なうえに作詞作曲のギターボーカルのこやま氏の素晴らしい角度からのメロディ秀逸です。また、言葉のチョイスが不意を突かれます。またお話したいですね。

「ハッピーウェディング前ソング」

モンゴル800

はい、来ましたモンパチですよ。稀代のメロディメーカーに相応しい。「小さな恋のうた」なんて超有名曲になりました。かつて沖縄にすごいバンドがいると言われ「DON’T WORRY BE HAPPY」を始めて聞きました.「なんか沖縄っぽい」と思ったことをなんとくなく覚えています。そしてライブに行った時曲名がわからなくて妙に印象に残った曲がありました。デモテープの楽曲だったみたいですが、後に無事聞くことができました。それがこれです。

やっぱり本当に良い曲は一撃で仕留めることが出来ると体感した曲でした。

JTのCM曲もグッドメロディです。天才的なメロディセンスを感じます。

あくまで「今」思いついた人たちなので、また後日ピックアップしたら違うメンバーになるかもしれません。

今回個人的趣味でリストアップした人たちは、私が言うまでもなく稀代のメロディメーカーでしょう。素晴らしいメロディは幸せな気分にしてくれることもあるし、辛い過去を淡い思い出に変えてくれることもあります。これからも良いメロディに出会えることを楽しみにしています。

最後は「メロディー」。この人も素晴らしいメロディメーカーです。ではご一聴を。