音楽好きの今の話と昔の話

普段目についた音楽について何となく語ります。

新宿は豪雨

このフレーズで、痺れる方は私と話が合うかもしれません。

東京事変のデビュー曲「群青日和」のはじめのところです。

 

 

ついに触れてしまいました。かなり好きなバンドです。厳密言うと椎名林檎さんが好きなんですけどこの話は今後も触れる機会があると思います。

さておき東京事変の話です。ご存知の方は多いと思いますが、改めてメンバーの話を。

現在5人ですが、ボーカル 椎名林檎。すみません、この方は長くなるのでまた別の機会に。

ベース 亀田誠治。この方もいろんなところでプロデュース等して有名ですね。

ギター 浮雲長岡亮介さんですね。星野源さんと一緒にやってるのよく見かけますね。基本オシャレでカッコいい。ボーカルもやれるあたり面白いです。

ドラムス 刄田 綴色。この方はスタジオミュージシャンだったりですが、いろんなアーティストのサポートメンバーです。腕を買われてる感があって職人っぽくて好きです。

キーボード 伊澤 一葉。この方は個人で活動したり、いろんな方のセッションメンバーとしても活躍しています。ライブとか見てたら結構演奏してるの見かけます。

まぁそれぞれがソロでやっていけるのでは?というレベルのバンドです。

とはいえ個人の好みとしては楽曲ごとでだいぶ違います。あれはいいけど、今回のはう〜んとかなります。

かなり好きだといいながシビアな評価してますが、好きだからこそかもしれません。

また機会があれば。

 

 

ちなみに今回紹介する楽曲「緑酒」。楽曲の完成度かなり高いです。私見ですが、バンド音楽の至極の1曲と言っても過言ではないかと思います。

そして、MVかなりよく、繊細で綺麗です。現代日本人があまり経験することがないですが、既視感を覚える不思議なMVです。ちなみに上のMVから15年経ってます。。

是非ご一聴を。